宮﨑陶里作品

子供たちをイメージしながら、創り上げるお地蔵様が一番の人気です。

今日は遠くを眺めたり、側で静かに見守っていてくれたり、口をしっかり結んで励ましてくれたりのお地蔵様達です。ふくろうやウサギや和尚様の側の小僧さん達、いたずらしたり、居眠りしたり、大笑いしたり、その一つ一つを手先だけで表現してまいります。土を手に取り、丸め、こねて、自分の思う形に変えられる楽しい時間は、「無」だけのような気が致します。

 

作品展の折に陶里は「イラスト」を描いていきます。墨と絵の具で描いて、言葉を一つ添えます。イラストに描かれた優しいお顔と言葉に

「励まされたり、忘れていた心に気づかされたり」とお声をかけてくだいます。

 

世界に一つしかない人形と、その場でその時にしか描かれないイラストに、思いを重ねてくださるお客様との作品展が、かね工房の作品展の一番の特徴と言えると思います。

 

花びらのお地蔵さま(二輪)

花びらに囲まれたおじ地蔵さまです。

春から初夏に相応しいお地蔵様です。

豆地蔵(3つ顔)

さや豆の中から可愛いお顔をを覗かせるお地蔵様です。

「ひとりじゃないよ、僕がいる。

ひとりじゃないよ、私がいる。

寄り添い、支え合って笑顔で一歩、また一歩」

珍念様たち

和尚様のお留守の内にちょっと一休みの珍念さん達です。居眠りしたりおせんべい食べたり♫